こんばんわ。

久しぶりの更新になります。結構、この数記事の中にもウィーキングについて触れてきましたけど、趣味にしやすい運動の1つですのでここまで強くウォーキングを紹介しています

 

続けられる運動というのが1つ大事になるので一人でも手軽にできるウォーキングは一番ベストだと思います。

そこで、ウォーキングはたしかに簡単にできますけど、甘く見ない事も大事になります。ウォーキングも長時間行ったり、毎日行うとなるとそれなりに体力を消耗しますし、運動に慣れていない人は最初は体のだるさを痛感する可能性があります。

 

ウォーキングだから簡単に続けられる、いきなり長時間行っても平気と思わない事が大事です。

 

今まであまり運動をしていない人が

長時間行う

甘く見てウォーキングをする

楽な運動

というように、認識して行うろリタイアしてしまう可能性が高いです。

 

実際にウォーキングを行ったら分かりますけど、30分以上行うと少し疲れてきますし、毎日行うと楽ではない事が分かります。

そこで、ウォーキングを趣味として本格的に行う場合は甘く考えずに計画的に行う事を式します。

 

例えば

初めは20分くらいにしておく毎日ではなくて2日に1回のペースで行うなどが最適です。運動は慣れる事が大事であり、慣れる事によって毎日行っても体がもちますし、気持ち的にも長く続けられると感じる事ができます。

 

これは、ウォーキングだけに限らずにジョギング、筋トレ、水泳など他の運動にも言える事ですので、少しずつ慣れさせていく事を大事にしていきます。

今まで運動をした経験が豊富になる場合は、最初から多少ハードに行っても続けられる可能性がありますが、運動経験が少ない人は軽めのウォーキングから行います。

 

ウォーキングを甘く見ずに計画的に行えば、数か月、数年といった感じで長く続けられる可能性が高く、体にとってプラスになる趣味を持つ事ができます。

 

ウォーキングが趣味として定着すれば、病気のリスクが減りますし体脂肪も減って健康的な体を維持しやすいです。多くのメリットがあるので、せっかくウォーキングを趣味として考えているのなら長く続けられるように考えながら行います。

 

私もウォーキングを毎日して、思った以上に大変だと思いましたし最初はつらかったですけど、それでもペース配分を考えて続ける事ができています。

 

一定の健康効果も時間していますから、ウォーキングを長く続けるための努力をして健康な体を手に入れるようにしてください。

今日のまとめ

 

ウォーキングを甘く見ない事

少しずつ慣れさせていく

ウォーキングを趣味にして健康的な体を維持する